バーサライタの実装にあたっては、とりあえず水に濡れることでショートしないように基板にシリコンシーラントを塗布し防水処理をした。
17104979_17997520




裏面も
17104979_2908860212


タイラップを数本使ったらガッチリ固定できた。
17104979_1850907505



スイッチに磁石を近づけるとオンになる仕組みなんだけど、家で実験中に間違って磁石を叩きつけてスイッチが壊れてしまった(スイッチはガラス管でできているため壊れやすい)。
しょうがないから常時電源が入るようにしたら、FUSIONの文字がめちゃめちゃに入れ替わるサブリミナル効果のようになってしまった。
(普通はFUSIONの文字が止まって見える)

怪我の功名というか、これはこれでかっこいいかも。
これを見た人は「FUSION」の文字が深層心理に刻まれるかも…(?)
とりあえずスイッチはまた注文したので来たら戻そうか迷い中。
ワンボタンで切り替えられるように回路を組もうかな。



ということで、友だちの協力の下(二人乗りバイクに並走してもらって、後ろに乗ってる人が撮影)、
バーサライタの映像を実際に撮ってもらいました。

が、動画がどこかへ行ってしまった…。
見つかり次第アップします。


安全上スピードは前半30キロ、後半40キロくらい。
しっかり残像を出すためには4、50キロは出てないと回転速度上ダメみたい。
外れないかが心配だったけど、タイラップ何個も使ったら全然大丈夫でした。
今回はスイッチが壊れてサブリミナル効果風になっちゃったけど、ちゃんとスイッチをつければ文字が止まって見えると思います。