昨日は眠さが限界で書けなかったグリップヒーターについて…。
少しマニアックな日記です 笑
グリップヒーターついに完成しました!


日曜に、既に設置し終わってた左右のグリップとヒータースイッチ(2月15日の日記参照)を配線させる作業と、配線ミスで狂ってしまった電圧計の交換をやりました。
バイクをバラして放置中に、駅のホームにいたミヤチカさんから目撃される 笑

電源は既にできてる配線をハンドル右のスイッチボックスのハーネスへ割り込ませ、アースは右ウィンカのカプラへ割り込ませて取った。
ここらへんは説明書通り。

順調に配線取り回し完了


しかしその後が苦戦。
配線し終わっていざACCをオンにしてみると、何度やってもヒューズが飛んでしまう。計算上は2Aで足りるはずなのに…。

しばらくヒューズを飛ばしまくった後、試しに片方のグリップから出てる2本の配線を逆にしてみたら飛ばなくなった。
抵抗には極性が無いはずなのに何故…?

スイッチにホンダ純正の電圧監視機能付きICスイッチを使うため、あんまり大きすぎる電力だとぶっ壊れないか心配だったので、なるべく純正に近い仕様(14.4W)にしたんだけど、あんまり暖かくなかったので思い切って電力アップ!
ICスイッチは電圧の上がり下がりで自動的に電源がついたり消えたりするという、いかにもデリケートそうなものだったのでハラハラでした 笑


消費電力のアップはこんな感じに配線をバイパスさせたりしてみた。

変更前
11005830_596046071


変更後
11005830_1222283542


左右直列の配線を左右並列にすることで、抵抗の合計が10Ω→2.5Ωとなり消費電力も14.4W→57.6Wへ大幅アップ。


そして、運命の電源オン…。

キーをオンにした直後、アイドリング時に現れる、バッテリー保護回路作動中を表すインジケータランプが点滅。(とりあえずここまでは成功の状態)

エンジンを空ぶかしして電圧を上げる。
12.5…12.8…13.5… 電圧計の数字も徐々に上昇。

13V後半に差し掛かった時、グリップヒーターONを表すインジケータランプが点灯。
11005830_2332547073


成功だ~~~


ICのスイッチを押すごとに出力を変えられる。

●●●(3つ全部点灯)で出力100%(上の画像)

◎●●(1つ半点灯、2つ全点灯)で出力80%
11005830_3977303739


○◎●(1つ半点灯、1つ全点灯)で出力50%
11005830_3544436553


ちょっと画像だと分かりづらい…
こんな感じで20%、0%(電源オフ)と続く。


実際走ってみたところ、アイドリング時やノロノロ運転時には電圧がそこまで上がらないので電源はオンにはならず、ちゃんと走ると電圧が安定して電源がオンになる。
ICスイッチの精度も無事なようでした。

自分の場合、電力食うものとしては主にストロボ4セット、LED2セット(これはあまり食わないけど)、カーデッキ、10cmスピーカー2つ、ウーファーを積んでるんだけど、全てオンにした状態でもちょこっと走ればヒーターの電源はオンになりました。
長く走れば走るほど電圧が安定してグリップが暖まってくるので丁度いい感じです。


グリップヒーター大成功!