FUSIONカスタム記録

HONDAの250ccバイク FUSIONのカスタム記録です。

昨日はフュージョン乗りのDJAZZさんがうちに来て,マフラーのカラカラ音聞いて効かなくなったフットブレーキの調整をした。

マフラーカラカラは俺のマフラーの時と同じ音。
俺のときはインナーサイレンサーがはずれてカラカラなってたから同じ原因かな?

フットブレーキの方は踏んだらスカスカで全然効かない状態。
これは無理そうだなぁと思いつつサービスマニュアル見たら,後輪の左側のボルトを回すだけで調整できることが判明。

ここ
6279616_3411916478


やっぱりもしもの時のサービスマニュアルだね。
それにしても風邪引いたのか鼻がムズムズしすぎてやばかった。

それに加えて、昨日起きたら首寝違えてた。
思い当たることと言えば前の日に小6がボール見てない俺にいきなりパスをして頭強打したことくらい。しかも重いバスケットボール…。

小3の時に体育の授業中にバスケットボールが頭に当たって首脱臼した悪夢が蘇るわ~。病院のベットで重り吊るされてアゴ引っ張って矯正。

お見舞いにきた担任の先生がお土産にくれたのは何故か心霊写真がいっぱい載ってる写真集。
集合写真とかで全員黒目線入ってて、何故か1人片足が無いみたいな。
あるはずの無い手がこんなところに~みたいな 笑
どんな教師だよ!
音楽の先生だったけど、授業中急に霊の話とかしだす変な先生だった。

入院した病院の小児病棟がその時空いてなくて、入れられたのは重症患者の部屋。
なんかゼーハーゼーハー言ってるし、心電図がピッピなってるし心霊写真集を見たばっかの小3の俺には恐すぎた 笑
用も無いのに夜中にナースコール押しまくり 笑



前の日記に書いてたタイヤの中でLEDの文字を表示させたいってやつ(バーサライタという)、探したら既に外国で車用のホイールだけど製品化されてました。

動画発見


合成かと思うような出来。
完全にディスプレイに映像を表示させてる感じだし。
ここまでのものが製品化されてるとは思わなかったな~。
プロの仕業だね。
自分の好きな絵とか写真を使って自由に映像をプログラムできるところがいいね。そういうツールがあるんだろうけど。
気になるお値段はというと…
タイヤのサイズにもよるけど12,000ドル~16,000ドル。
日本円にして130万~170万円。
高ぇ!
LED界のエアサスみたいなもんだね。
向こうのデモ車で流行ってるんだろうか。


こんな感じにフルカラーでディスプレイのようにってのはまだまだ難しそうだけど、似たようなツール(どっかにありそう)を使ってシンプルな画像をプログラム形式に変換させれば、単色でイラストを表示させることくらいならできそうな気がする。

この動画がまさにそれ。



扇風機に棒状にLEDが取り付けられている。
たぶん枠の右はじについてるのが通過を感知するセンサー。
通過を感知したらLEDが光るようになってる。

例えば棒状のLEDを縦に並べて表すとして、止まってる状態だと

LEDa○
LEDb○
LEDc○
LEDd○
LEDe○
LEDf○
LEDg○
LEDh○

こんな感じだけど、
これを素早く右に(一→七)動かして例えば英語の「F」を書こうとするとこうなる。

    →→→→→→→
  一二三四五六七
a ○●●●●●○
b ○●○○○○○
c ○●○○○○○
d ○●●●●●○
e ○●○○○○○
f ○●○○○○○
g ○●○○○○○
h ○●○○○○○

この場合一~七の7回に分けて、棒状のLED(a~h)の点灯のパターンが高速で順次切り替わってる。
一の時は全部消灯、次に二は全部点灯、三~六はa,dが点灯、七は全部消灯…という感じ。
棒状のLEDを動かす速さにもよるんだけど、LEDが切り替わる速さは数百~千分の1秒くらい。
棒状のLEDを動かすと同時に高速で順次点灯した時の残像効果を使って文字や絵を表示させている。
人間の目には一~七は速すぎて同時に点灯しているように見えるというわけ。
これがバーサライタのメカニズムです。

回転体に取り付ける場合は、2番目の動画みたいにセンサーをつけて一の始点を決めて、かつ回転速度に応じてLEDの切り替わる速さを変えられればイメージが回転速度の変化によってズレることがない(動画の通りすこ~しだけズレは生じるけど)。
もちろん残像効果を生じさせるためには一定以上の速度が必要。
電光掲示板みたいにあえて少しずつずらしていくようにするためにはそういうプログラムを組む。


バーサライタについて詳しく載ってる本がわかったから近所のでかい本屋に探しにいったけど置いて無かった。
ネットで買うしかないかな。
明日(今日)は雨でツーリングも中止っぽいし思う存分寝ます。

22日に予定してた江ノ島ツーリングは延期にして、その代わりに別のツーリングに行くことになりました。
遅れてすいません。
来たいっていってた方また次回お願いしますm(__)m



昨日もまたいつものようにエメリケピット(駐輪場)でバイクをいじってたら、4月から隣に置かれだしたややカスタムしてあるマジェ125ccの持ち主らしき女の子と鉢合わせ。
全身スウェット、ヘルメットに蝶のカッティングでいかにもって感じ。

とりあえず気まずかったので知らん振りして黙々配線やってたら突然声かけられてビビった~。テンパった~
配線すごいですねみたいな。

よく知らないおじさんおばさんとかからは声かけられるんだけど。
珍しいバイク乗ってたりするとよく声かけられるよね。


それで何をやってたかというと、今更ながらのハザード機能搭載と急に点かなくなったアンダースポットLEDの原因調査。

今までミサイルスイッチでオン/オフ制御してたウィンカーが、ちゃんとウィンカースイッチで制御できるようになったので、ハザード機能取り付けた。ウィンカー制御のために一時的にミサイルスイッチに繋いでなかったストロボも復活。
ハザードキットはヤフオクの3,000円くらいのキット使用。


スイッチはどこにしようか迷ったんだけど、丁度ハンドル左のスイッチボックスとミラーの間にスイッチがハマったので、配線をタイラップを使って固定してハンドルポストの中からメンテナンスカバー内へ。
6279616_1093608129



ウィンカースイッチのすぐ近くなので使いやすいです。


次にアンダースポットLEDが点かなくなった原因調査。

点滅パターンを変えるコントローラーを分解してみた。
6279616_3422983159

6279616_1088693324

6279616_4277612855



予想通りICが入ってました。
スイッチは押す毎にパターンが切り替わる。
ボタンを押す毎に順次切り替わるプログラム方法を使えば、手元のスイッチでウィンカーパターンも変えられるようになりそうです(今は基板のスイッチで切り替え)。

基板をチェックしてみたらプラス電源の線がハンダから断線してる(一番下の画像の左下の赤線)。
そりゃあ点かないわけだ。
ハンダ付けして付け直したら点灯するようになった。
とりあえず修復完了。


ハザード機能つけたはいいんだけど、フロントウィンカーと前後のサイドマーカー4個がLEDじゃなくてバルブだから消費電力大きくて、電圧計の数字がみるみる下がっていく…。
バッテリー上がりが恐い。

電力節約のためにLED化したいところだけど、単にLED化するだけじゃつまらないからモーションとか付けたいとか思ってしまう。そうなってくると面倒そう。

それよりは最近よく見るリアスポイラーのストップランプにモーションつけてるやつをやりたい気がする。
マイミクさんの中にも何人かいるね。
モーションの微妙な違いはあれど、基本的には8連で左右対称のモーション。
こんな感じ↓

○が消灯、●が点灯だとして、

   ○○○●●○○○
      ↓
   ○○●○○●○○
      ↓
   ○●○○○○●○
      ↓
   ●○○○○○○●

ブレーキ踏んでない状態の時にゆっくりこんな感じで切り替わる。
あんだけ付けてる人がいるってことはどっかで売ってるのかな?

このモーションだと4つの出力だけでできるので、自分がやるとしたらこのモーションをもう少し細かくしたい感じ。
16連くらいにして、かつ左右対称じゃないようにしたいけど、純正のリアスポイラーのLEDが何個単位で抵抗と繋がれてるかにもよる。
というのは、自分のLEDにモーションを付ける方法はLED数個と抵抗の1セットのマイナス配線を使うため、セットの数のモーションを付ける分には自作ユニットにマイナスを繋ぎ直すだけでいいんだけど、それ以上の数のモーションをつけるとなるとセットをその数だけ作り直さなきゃいけなくなるので非常に手間がかかる。
’06SEの純正リアスポイラーのLEDがかなり明るいので何が使われてるのか知りたいです。


ハザード機能を付けてしばらくやってたら何故かモーションウィンカーが左右とも半分つかなくなった。
またまた原因調査のため、最近買ったサーキットテスターで電圧とか導通をチェック。
自分の持ってるのは電圧と通電のチェックができるやつです。
マイナスに繋いでチェックしたい箇所にプラスを刺せば、その箇所の電圧がひと目で分かるので便利。
使用電流がどのくらいかチェックするために電流計も欲しいところ。

原因は基板にEZペンでベタ塗りしていたアースの部分に、サーキットテスターのワニ口クリップを挟みすぎたことによる導電ペースト(EZペン)の断線でした。トラブル調査で使ってたテスターが原因かい[m:79]
EZペンで塗り直したら復活。


とりあえず電装系の作業する時はバッテリーのマイナスを外さなきゃダメだね。
電源の配線とかが車体の金属部とかマイナスに触れたときにショートして火花バチバチなる 笑



↑なんだか書いててまた理屈っぽい日記になった。
寒さに弱くて暑さに強い俺もやっと半袖を着るようになりました。
ポロシャツ着たら胸元が白…。
血管浮き出る季節ってことでテンションも上がるね。
最近もっぱら大勢のツーリングばっかだけど、タンデムして横浜でも行きたい気分。
今年に入ってタンデムした記憶がない 笑
タンデム&横浜は微妙にトラウマがあるけど…。
あと何気にフュージョンの後ろに乗ったことないので乗ってみたいです。
今軽めだから誰か今度乗せてね 笑

日記はかなりご無沙汰ですが…。

ここ最近自分の世界に入り込みまくりでした。

外の世界をシャットアウトして山篭りしてました 笑
打ち込んでいたのは、自作LEDウィンカー
カスタムは自作グリップヒーター以来。
最近周りがLEDブームな感じなのでようやく俺もその波に乗ってみました 笑

自分がやりたかったのは点灯パターンを自由に操れるLEDによるウィンカー!
Sougoさんとかウマさんがやってる流れたりするやつですね。


とはいってもLEDなんて既製品のLEDチューブをスイッチ経由させてフュージョンにつけたくらいだったので、LEDのアノード、カソードの勉強からスタート
自作グリップヒーターの時に勉強し直した直列並列の勉強ももう一度見直し。

自分的にはちょっと気合を入れればなんとかなるだろうと高を括ってたんだけど、技術がないのにやりたいことばっかデカくて、何について勉強したらいいのかもわからず情報収集が結構大変だった。
予想以上に新しく覚えることが多かったし。
頭の中で組み立てる段階で次から次と壁が出てきてなかなか前に進まなかったな~。

カスタム日記はいつも細かく書いてる方だけど、今回はそんなことやったらいつも長い日記が最長記録更新しそうだし、種証しするのもあれなので大雑把に書きたいと思います 笑


アルバムにはコツコツ載せてたんだけど。

テスト用のブレッドボードを使って色々と電子回路の実験。
12962922_1042184562



大体動作が確認できたら基板に実装するために回路設計ツールを使ってパターン図の作成。
いわゆるCADっていうやつです。
ちょっと配線が多いので整理してからやらないと無理そうだったので使ってみました。
なかなかいいツールが見つからなかった。

本体基板
12962922_4074743268


LED基板
12962922_122598442


入力信号用基板
12962922_2176422307



版下印刷もできます。
12962922_202468023



プリント基板の作成にはいくつか方法があるんだけど、普通に製品とかで使われてるようなのを自分で作ろうとすると特殊な薬品とか装置が必要で大変になってくる。

CADで作った出力データを送ればプリント基板を作ってくれる会社もあるらしいけど、日本の会社の10分の1(日本だと3万円なのに3、4千円)もの安価でやってくれるブルガリアの会社だとドリルサイズとかの規格が違うらしく、設計時にガッチリ合わせないといけない。
当然海外の会社なので、発注はEメールでかつ英語でやりとりする必要がある。


とりあえずめんどくさそうなのでそれらの方法はまた次の機会にして、自分が選んだ方法は「EジスPen」というものを使った「EZサーキット」という方法でした。

12962922_135832399

12962922_767694021



ほんと修正液を使う要領で基板に描いてしばらく乾かせば配線完了。



次に各部品のハンダ付け。
何気に中学の時の技術の授業以来だったけどまあまあコツがつかめた。
12962922_845287577




がしかし!LEDのハンダ付けでトラブル発生。
ハンダ付け全て終わったと思ったらLEDの向きが下半分全部逆!!
しかも使用したのは「Super flux LED」という、プラスが2本、マイナスが2本の計4本の足がある特殊なLED。
力づくで取り外しを試みるもLED破損一個45円もするのに~
ハンダ除去用のハンダ吸い取り線を使うもイマイチはんだが吸い取りきれず。

そこでハンダ吸い取り器の登場。一瞬で吸える注射器みたいな道具です。
ハンダを溶かした瞬間に使って吸い取り。
ただまだ吸い取りきれてないのかビクともしないLED…
こんなちょびっとしか着いてないのになんでそんなに強靭なんだ…
さすが鉄恐るべし・・・・・・

諦めかけたその時、マイナスドライバーで押しながら、ハンダゴテを4本の接点にすばやくあてがう方法を編み出しノーダメージでLEDの取り外しに成功!
いや~危なかった。


ということで無事本体基板とLED基板(片側のみ)完成。
12962922_4137224547



12V電源で試し点灯してみた。
※動画がどっかに行ってしまったので、試しに緑のLEDで4+4個で作った動画を載せます。



LED基板の方はとりあえずスタンダードに長方形にしてみたけど、色々形は工夫して作ればそのまま本体基板に接続できます。
こんなこともできるってことで点灯パターンもかなり遊んでみたけど、実際は切符切られない程度に落ち着かせたいと思う。
残す作業は入力用信号の基板作りと、ケーブルコネクタ装着。
実装はそのうち…。

これからは色んな点灯パターン考えるのと、めんどくさくて結局使わなかった16ビットマイコンの使用も考えていきたいと思います。
明るくしたり暗くしたりする減光回路もやってみたいな。



ということで5月はツーリングラッシュだからひさびさにバイク乗ってやりたいと思います 笑

↑このページのトップヘ